いろいろなタイプがある!?浄水器を選ぶポイント

手軽に入手できる蛇口直結タイプ

浄水器の中でも最も手を出しやすいのが、蛇口に直接取り付けるタイプ。これらはホームセンターなどで市販されている上、価格も数千円程度と安価なのも魅力ですよね。蛇口に浄水器を取り付けた瞬間から、きれいな水を利用できるようになりますよ。浄水器自体もコンパクトなので、全く邪魔になりません。ただ簡素である分、フィルターの寿命が短めなのでこまめに交換する必要があり、ろ過の精度もほかのタイプに比べるとやや劣る傾向があります。

本格的に浄水できる据え置きタイプ

本格的に浄水したいという場合には、据え置きタイプの浄水器がお勧めですよ。このタイプは大型なのでシンクに据え置いて使います。浄水器の中に一旦水道水を取り込んで、浄水器内のフィルターでろ過された水を利用します。据え置きタイプは、蛇口直結タイプよりもろ過の精度が高い上、フィルターが丈夫で長期的な使用に耐えられる点がメリットですよ。ただし、価格は数万円程度であり、また設置にスペースをとることには留意すべきです。

シンク周りがスッキリするアンダーシンクタイプ

浄水器には、アンダーシンクタイプもありますよ。こちらは基本的な機能は据え置きタイプと同様ですが、据え置きタイプと違って流し台の下に設置できます。これだと蛇口周りやシンク周りがスッキリするのがメリットですよね。キッチンは広く使いたいという人にはお勧めです。ろ過の精度も高く、耐用年数も長いですが、設置には工事が必要となるケースも多いです。設置する場合は浄水器自体のコスト以外にも工事費用がかかることもあります。

浄水器は濾過機能を維持させるために定期的に内部を洗浄する必要があります。その一方で濾過材を傷めないように洗剤や熱湯などは使わないように心がけることが大切です。