web制作はストレスを与えない内容で!その理由と内容とは?

現代人はストレスに弱い人種

ストレスには強い人と弱い人がいますよね。電車などでは、5分ぐらい遅れたぐらいでストレスを抱えてしまう人もいます。世の中の進化と言うのは、人の不満を解消する事で進化をして来た物であり、その進化が逆に耐える力を失わさせて来た物だと言えますよ。つまり、現代人は、従来よりもストレスに耐える人が少なくなって来た物であり、多少の事でもストレスと感じてしまう事があります。web制作では、この視点に注意を払う必要性があり、このポイントを押さえる事で人が集まるweb制作を行う事が可能になります。

自動再生の動画はストレスを生み出す

webサイトで最もストレスを与えてしまう内容は、全てが表示されない事が挙げられますよね。できるだけ重たいファイルは避ける事が望ましく、軽量化する事を心がける事が重要です。現在は、ページを開いた途端に自動で再生する動画がありますよね。中には広告が先に自動で再生される場合もあります。ユーザーの多くは、本文を読む事に意識を向けている物であり、そこに自動再生された動画が流れると意識が分散して本文を読む妨げになりますよ。ユーザーの中には、送受信に制限があるプロバイダを利用している方もいます。無駄な容量を利用したく無い方にとっては、直ぐに離脱してしまう可能性もあり注意が必要ですよ。

1ページの内容を複数のページに分けるストレス

大手企業が運営するwebサイトに見られる内容に、1ページで収める事ができる内容を複数のページに分けて掲載している事がありますよね。運営者側に対するメリットは、検索エンジンに対して多くのページをインディックスさせる事が可能である事と、広告の表示を増やすメリットがあります。ユーザーに対して不便さを感じさせる内容ですが、多少の不便さに対するそれ以上の価値ある情報が掲載されている事が一般的ですよね。この手法を個人のwebサイトで行えば、ただ煩わしい物と変わる可能性があり、リピータとしての定着率を損ねてしまう可能性がありますよ。再び検索エンジンから調べ直す場合は、二、三ページ先を往来する必要性も出てきますよね。web制作を行う場合は、自分自身でも感じるストレスについて知れば、ストレスを与えないweb制作を行う事が可能になりますよ。

web制作を依頼したい時は、実績が豊富な制作会社に問い合わせましょう。まずは、費用や納期に関する見積もりを提出してもらうべきです。