意外と簡単?動画配信を行うために必要な準備と方法

普通に撮影すれば良いの?

デジタル機器の普及に伴って、日常的に動画を撮影できるようになりました。撮影した動画を他人と共有する為の動画サイトも多くあり、動画配信も沢山行われています。そういった物に全く触れてこないと難しく感じるかもしれませんが、実は、意外と簡単です。スマートフォンやビデオカメラで撮影をする、それをパソコンに取り込んで、動画サイトの指定に従ってボタンを押すだけ。動画を配信するだけなら、とても簡単に出来てしまいます。

どういう動画を配信すれば良いのか

世の中には色々な動画があります。各種イベントの様子、ドライブレコーダー、風景、そして自分自身。どのような動画配信するのか悩んだ場合には、まずは自分の身近にある物を撮影して見るのも良いかもしれません。物作りが趣味なら、出来上がるまでの工程も良いでしょう。庭の景色の移り変わり、ペットの生活。動物の動画は万人に好かれやすく、多くの視聴者を魅了します。好きな物を好きなだけ、好きなように配信するのか、報酬獲得を目指して多くの視聴者に見て貰えるような動画にするのかで、方向性を決めるのも良いですね。ただし、公序良俗に反する物、暴力的、犯罪行為の動画はやめましょう。

折角なので色々なタイプを用意しましょう

ただ動画を配信すだけなら簡単ですが、慣れてきたら、より多くの人に見てもらえる様に工夫をするのも良いでしょう。動画視聴者の視聴環境はそれぞれ違います。モニタの明暗や彩度、パソコンのスペック。低スペックパソコンで大容量の動画を見るのは難しいですよね。そういう人の為に、画角やサイズを変更した物を同時配信したり、マルチストリーミング機能を利用します。マルチストリーミングとは、視聴環境によって画質などを調節してくれる機能の事で、動画サイトによってはビットレートを指定するだけと言う、簡単な物も存在しています。視聴者がより快適に動画を見られるよう工夫するのも、人を集める方法です。

ストリーミングはパソコンにデータを取り込むのではなく、ダウンロードをしながら映像を再生するという方法です。