意外に知らない!?コピー用紙の種類とあれこれ

コピー用紙は実は色々ある!

コンビニや会社、それに家などいずれかでコピーを取ったことのある人は多いのではないでしょうか?またパソコンの画像や文字などをコピー用紙に印刷したことがある人も多いでしょう。しかしちゃんとコピー用紙に気を配ったことのある人というのは少ないのではないでしょうか?実はコピー用紙は色々あって、用途を知っていれば見栄えがよくなったり安く済んだりすることがあります。今回はあまり我々の考えることのないコピー用紙について見ていきましょう。

サイズだけじゃない!!コピー用紙の選択

最初にコピー用紙を選ぶといえば、思い浮かべるのはサイズではないでしょうか?例えば普通ならA4、少し小さいものならB5のようにそれぞれ合ったサイズを選ぶのはよくあることでしょう。だけど実はコピー用紙には少し厚めのものがあったり、またカラーコピー用のものがあったりと実は様々にあり、適した選択というものはあるのです。例えば大事な履歴書を印刷しようと思ったときにペラペラの安い用紙に印刷するよりもしっかりとした厚みのある少し高い用紙を選らんだ方が見栄えもいいでしょう。また個人で使う大量の文字を印刷する場合に厚くて高い用紙よりもペラペラの安い用紙を選択した方がいいのでしょう。このようにコピー用紙とい一言で言っても色々と用途や使い方というものがるのです。

用途通りに選んだつもりが!!気をつけたい落とし穴

しかし実は値段や見栄え、目的だけで用紙を選んで安心するわけにもいきません。実はコピー用紙には意外な落とし穴があるのです。買った用紙のサイズが違ったりカラーを印刷するつもりがモノクロ用を買って来てしまって高くついたという人もいるでしょう。またペラペラの安いコピー用紙を安いからと買った場合にコピー機との相性が悪いと印刷するときにくしゃくしゃになったり折り目がついて労力やコストが余分に掛かってしまうこともあります。このように単純に見えるコピー用紙にも意外なリスクというものがあるのですね。あまり考えることの無いコピー用紙ですが、リクスや目的をほんの少し考えるだけで適切なコピー用紙を選択することも難しくはないでしょう。

コピー用紙は価格が安く手に入れやすいです。しかし画像の印刷にはあまり向いてません。印刷するものに合わせて使用する必要があります。