ホームページ作成に必須なソフト!その内容とは?

HTML言語を組み立てるソフト

ホームページと言うのは、プログラム言語で作成されているため、パソコンに標準で付属されているテキストエディッタで作成する事も可能ですよ。ただし、プログラム言語をそのまま記入して行く内容は、イメージが掴めず効率が悪くなる事がありますよね。HP作成を行うためには、イメージ上で作成を行ない、自動でHTML言語に置き換えてくれるソフトが望ましく、時間を大いに短縮してくれますよ。入門者にとっては、自動で作成される記述内容が勉強になる事もあり、基礎を学ぶにも最適な場合もあります。ネット上では、複雑なHTML言語やCSSも紹介されているため、そこからコピーをしてソフトに貼り付けながら、直ぐに確認をする事だって可能ですよ。

ラスタ画像を編集するソフト

HP作成で必ず必要とも言える内容が画像になりますよね。デジタルカメラで撮影した画像をそのまま利用する事も可能ですが、サイズ変更が出来ないため、撮影した大きさに合わせてHP作成を行わなければなりません。それでは、まるでアルバムの様なHP作成になってしまいますよね。デジタルカメラで撮影された画像と言うのは、ドットと言う点の集まりを情報としたラスタ画像と呼ばれるファイルになります。ラスタ画像を編集できるソフトを利用して加工すれば、大きさの違う画像を扱う事が出来るようになりますよ。

ベクトル画像を編集するソフト

ラスタ画像を編集するソフトでも、文字を加える事が可能ですが、一般的にはHPの本文に使われる様な細い文字になりますよ。新聞広告に見られる様な魅力的な文字を作成するには、ベクトル画像で作成する事が望ましく特徴を作り出す事ができますよ。ベクトル画像と言うのは、計算式によって情報を扱うため、画像を拡大しても劣化と言うのはありません。極端な話し、理論上宇宙区間に地球以上の大きな文字を作成しても、綺麗に作り上げる事が出来ます。ベクトル画像で作成した画像は、PNG形式で書き出しラスタ画像を編集するソフトで読み込み、画像を重ねて扱う事が一般的ですよ。これらの三つのソフトがあれば、プロに負けないほどのホームページ作成も夢では無いと言えるでしょう。

ホームページ作成をするためには知識が必要ですが、まず第一に考えられるのはHTMLと言う名前の言語です。