ecサイト運営は実店舗と同じ発想で!隠されたそのテクニックとは?

実店舗の注意を促すテクニックとは

実店舗では運営する店舗に注意を持ち合わせてもらうために様々なテクニックを利用していますよね。例えば、大阪などで見られる動く看板などもその一つです。広告としてののぼりよく利用される手法ですよね。ecサイトはディスプレイと言う二次元の中で表現を行う必要性がありますが、ただ商品画像を並べて掲載するよりも注意を促す手法を取り入れる事がポイントの一つになりますよ。例えば、驚いているモデルを扱ったり、実際に利用している写真など利用する事も一つの方法です。

イメージを膨らませる手法

実店舗の中には、商品を引き立てるための手法があらゆる場所で利用されていますよね。例えば、子供の玩具売場などでは、売り物では無い道具や写真を使って商品引き立てている場合もあります。時計を販売をするecサイトであれば、ただ時計の画像を並べて掲載するよりもイラストや実際に腕時計などを身につけている写真を利用する事で商品を引き立てる事が可能になりますよ。イメージを膨らませる手法とは、実店舗で利用されるのみならず、カタログなどにも利用されている物であり、その様な媒体を参考資料とする事がポイントの一つと言えるでしょう。

興奮を引き起こすテクニックとは

物を買う時の心理状態と言うのは、冷静に判断をしている時よりも興奮状態に置かれている時の方がより購買欲を高めますよね。この興奮状態を引き起こす内容とは様々な内容がありますが、暖色系の色もその一つにあると言われていますよ。ある実験結果によれば、ecサイトにおける購入ボタンを暖色系にした所、売上が上がったと言うデータもあります。これは、あくまでも一般論ですが、ecサイトをデザインをする場合は、興奮を引き起こすために寒色系だけでデザインを行うのでは無く、暖色系の色を一部分でも採用する事が大切と言えるでしょう。この内容も、実店舗でよく利用されているテクニクであり、実店舗内を参考にする事がお勧めですよ。

不特定多数の顧客が利用するecサイト構築のことなら、専門業者に任せてみると良いでしょう。セキュリティが高く、ユーザーフレンドリーなインターフェイスにすることができます。