イーサネット運営で見逃しがち!コストダウンで注目したい要点

電力消費に着目!省電力化でコストダウン

イーサネットを運用する上で、コスト感覚は身につけておく必要があります。イーサネットを維持する上で、電気代はチェックしておくべき出費の一つです。イーサネットの運用には、サーバーや通信機器を稼動させるための電力の供給が必要です。サーバーや通信機器を省電力化により、電気代の節約に効果があります。新しい機器は、省電力化が進んでいるものが多いため、積極的に新しい機器に転換していくことのメリットは大きいです。

省スペース化が重要!サイズを抑えて費用負担を軽減

サーバーや通信機器を設置するには、スペースを確保しなければなりません。イーサネット機器の運用に伴う場所の確保には、賃料など何らかのコストがかかっています。できるだけ機器の省スペース化を図ることで、費用負担の軽減が可能です。特にサーバー機器は、従来のものよりも高性能なものに転換すれば、サイズダウンの効果が高いです。コンパクトでありながらも、これまで利用してきたサーバー以上の処理能力を発揮してくれます。

管理運営の人件費に着目!管理の品質は維持し負担軽減

大きなイーサネットワークを維持管理するには、監視スタッフの存在が欠かせません。企業がイーサネットワークを運用している場合、人件費の問題が大きいです。イーサネットを必要最小限の規模に絞り、人員の維持の負担を減らすのも方法です。またイーサネットの維持管理をアウトソーシングすることも、時としてコストの低減につながります。ただしネットワーク管理の人員の削減や変更は、ネットワークの品質に影響を与えるため注意が必要です。

イーサネットとは、コンピュータネットワークの技術規格の一つで、一般的にもっとも用いられている規格といえます。